資産の運用ならお任せ下さい!「資産完全運用.net」

 
 
TOP
不動産投資の魅力とは
収益物件
資産運用
益物件
お問い合わせ
 

不動産投資

近年世界的にみる大不況によって、預貯金の超低金利、株価の低迷、将来の年金不安から、預貯金、株式投資と並んで「不動産投資」を検討する方が増えています。
また、書籍界ではロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん貧乏父さん」という本がベストセラーになりました。
この本にも書かれているように勤労所得、年金所得に変わる「新たな収入の窓口」として、資産所得の代表である「不動産投資」が注目されています。

「不動産投資」とは、マンションやアパートを購入し他人に賃貸することで家賃収入を得ることと思われていますが、厳密に言うと物件を取得してから売却して換金するまでのトータルの収益を追求する行為を称します。
この場合、自身が投下した自己資金に対して最終的に手元に戻る現金の増加率に着目し、この増加率を年間に換算したものを投資利回りと呼んでいます。
また、売却を前提にしなければ、毎年のキャッシュフローのみに着目しても構いません。
この場合だと、物件取得価格に対する年間の純収入の比率、つまり利回りに着目することになります。
尚、「不動産投資」は預貯金と違い、ある程度の利回りを確保することができますが、元本全体を保証してくれるものではありません。
なおかつ、株式投資と違い資金が短期間で何倍にもなる投資方法ではありません。

そういう意味で、日本では数少ない「ミドルリスク・ミドルリターン」の運用方法といえるのではないでしょうか。
「不動産投資」のメリットとリスクを理解し、より効率的な資産運用をおこなうためにも、是非信頼できる不動産業者にご相談されますことをお勧めします。

2015/3/6 更新

2008 (C) 資産完全運用.net. all right reserved