資産の運用ならお任せ下さい!「資産完全運用.net」

 
 
TOP
不動産投資の魅力とは
収益物件
資産運用
益物件
お問い合わせ
 

収益物件

収益物件とは、簡単に説明すると毎月一定の賃金収入のある不動産、及び一棟売りのアパートや賃貸マンション、テナントビル等のことを称し、投資した不動産の家賃収入から収益を得る目的で購入する物件を指します。
2002年4月からは、例えいくら預金していてもその金融機関が破綻した場合には1000万円までしか払い戻されないというペイオフが解禁されました。そうした中で、高利回りの収益物件が今注目されています。収益物件の運営とは、長い目で見ても安定した家賃収入を得るための資金運用なのです。

収益物件(収益不動産)にはどのような物件が最適か
収益物件は利回りのよい資産運用として物件を購入するわけですので、初期段階で建物の購入金額があまりに高くなってしまっては意味がありません。
実際に新築物件と中古物件、どちらが収益物件として良いかを比較してみましょう。

新築物件の場合
物件の購入価格が高額で、ある程度の建設日数が必要です。
建設中は家賃収入が見込めません。
また、新築という付加価値がついているので最初に賃貸に入る人は多少家賃が高くても入ってくれるかもしれませんが、2回目以降に入る人にとっては家賃が高いことはあまり意味がありません。そうなると家賃設定も安くせざるおえなくなってくるでしょう。それにより利益も減少します。

中古物件の場合
物件の購入価格が安く、すぐに賃貸できるのでその時点から家賃収入があるという利点があります。ただし、場合によってはリフォームの必要性も生じてくるので、できるだけ内装はきれいな物件を購入したほうが良いと思います。また、通常であれば築10年前後の立地条件が良いものをオーナーチェンジで買うほうがよいでしょう。 

上記のように新築物件と中古物件を比較してみても分かるように、新築を購入するだけの特段な価値と運用益が見込まれる場合を除いては、中古物件を購入するほうが無難かもしれません。

Favorite

Last update:2018/12/20

2008 (C) 資産完全運用.net. all right reserved